蝶々結び

好きなものや日記など

つみ

まだまだ暗闇。

今日、言われたこと、えぐられた傷、わたしが後悔し続けてきたこと。

大切な人をぼろぼろに傷つけてしまったこと。

ああ、忘れられたのに、忘れようとすると必ず思い出させる事が起こるなぁ。

忘れるなということなのかな。
罪。

凄く大切だったから向き合うのが怖かった。

嫌われたくなかった、大切過ぎたから失いたくなかった。

大切過ぎて怖くて怖くて遠ざけようとした。酷いこと言って。

彼のTwitterこっそりみたことがあるんだ。

とても、傷ついてた。

それを知ったとき、わたしのしたことの重大さに気がついた。

遅いよね、ほんとうに。

彼がそんなに強くないこと、知ってたはずなのに。

久しぶりに会って、優しくしてくれて、彼は本当にいい人だった。

でも、わたしが傷つけなければ彼は心から人を信じて、生きたいと願って、幸せになれてたんじゃないか。

早く死にたいと言ってたこと、胸が痛んだ。

そう願うように生きるようになったのはわたしのせいなんじゃないか。

彼には、いま、いい人がいると風の噂にきいた。

彼女が彼の心を全て埋めてくれたら。傷を癒してくれたら。

幸せになってほしいと願うことも勝手かな。

絶対忘れてはいけないんだ。